おまとめローンの口コミ

おまとめローンの上手な返済法は?

おまとめローンやカードローンと住宅ローンを比べた場合、例えば元本200万円のカードローンでも住宅ローンに比べると少なくとも5〜6倍の金利ですから、支払い金利は元本1,000万円の住宅ローンと同じです。

 

しかし、おまとめローンやカードローンは住宅ローンと比べた場合金額が小さいですから直ぐに返済できる感じですが、1,000万円の住宅ローンは直ぐには返済できる金額ではありません。

 

しかし、支払い金利は200万円のカードローンと1,000万円の住宅ローンは同じなのです。

 

つまり、その様な感覚を忘れずに元金の返済額を多くすることが、上手な返済のポイントと言えます。

 

従って、業者が設定している毎月の返済額では、中々、元金が減りません。

 

そこで、余裕の有る時に臨時で元金を返済することが上手な返済の秘訣です。

 

長い人生の中で振り返って見ると、おまとめローンを返済している時はある意味非常事態の時です。

 

その様な時に仮に余裕資金が生まれた場合は、真っ先に元金の返済に回すことが大事なのです。

 

民事再生手続や自己破産手続を行った人に言わせますと、何度か完済するチャンスはあったがその度に余裕資金を返済に回さずに浪費してしまったとのことです。

 

おまとめローンを完済すれば、人生にはお金を使うシーンはいくらでもあります。

 

 

審査が簡単なおまとめローンとは?

審査が簡単で急ぐ場合は、消費者金融会社の審査が一番早いことは間違いありません。

 

過払い金返還問題以降、消費者金融会社は業績を立て直す為に顧客の利便性を追求して、審査の精度が多少落ちても融資の実行スピードを上げて、利便性では銀行や信販・クレジット会社などに負けないようにしています。

 

従って、審査が簡単で早いのは消費者金融会社で、早い業者では30分審査で即融資を行っている業者もあります。

 

その結果、現在、消費者金融会社の場合は、殆ど全ての会社が即日融資を実行しています。

 

その次に審査のスピードと簡便さを追及しているのは、ネット銀行です。

 

ネット銀行では融資金額は限られる場合が多いですが、消費者金融会社と同程度のスピードを誇っています。

 

ネット銀行はお得意のネットによる簡便な審査体勢でスピード審査を実現していると言えます。

 

只、審査のスピードと審査の厳しさは別物です。

 

例えば、3大メガバンクの内の2行は消費者金融会社を傘下に持っていることから、無担保個人カードローンの審査ノウハウを吸収し自行の与信システムとミックスして独自のスピード審査体制を作りました。

 

このメガバンク2行のカードローンは低金利で融資の上限額も大きく審査も即日の場合もありますが、審査が厳しいことでも定評があります。